こんな朝には
休日の朝食を用意するのは僕の役目、昨夜も帰りが遅くてまだ眠っている隆二さんを起こさないように静かに部屋を出ると僕はマンションから歩いて数分のところにあるパン屋に向かった。

焼きたてのパン香ばしいの薫りが立ち込める店内は、あまり数は多くはないけれども、店の主人が丹誠込めて作ったパンが籐籠ののなかに品よく並べられている。

焼きたてのフランスパンのパチパチと皮のはじける音が食欲をそそり、軽くお腹が鳴った。

そうだ、朝食はオープンサンドにしよう!少し濃いめのエスプレッソとサラダを添えて…

こんな風に食べる人の事を思いながらメニューを考えている時が僕は一番好きだ。

2004/9/26 俊也

DIARY TOPSITE TOP


az*  /  'pure  /  twedgi